ジャングルストックトウキョウ、コロナ危機を救う「リ店」と「靴修理」両軸経営

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

ジャングルストックトウキョウ、コロナ危機を救う「リ店」と「靴修理」両軸経営

2020年08月10日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古品と靴修理の併設店

リペアが常連獲得に寄与

ジャングルストックトウキョウ(東京都目黒区)は総合リユース店と靴修理、鍵複製店を併設することで安定した集客を実現している。修理や鍵複製目的の新規層をリユースによってリピーターにできるという。

3畳ほどの作業場に工具が並ぶ3畳ほどの作業場に工具が並ぶ

西小山店は駅前の商店街にあり、10年前に靴修理店「靴音」として開業。その後、古物商を営む知人と共に、リ店「ジャングルストックトウキョウ」との併設店にした。中古店と修理店を併設するメリットは大きいと、創業者の入田創一郎代表は話す。例えば経営面では、コロナで修理依頼が減少しても、リユース品のEC販売などで売上をキープした。また集客面では、合鍵や修理を通じて新規のお客と会話で打ち解けられ、来店時にリユース品を物色できることで、リピートしてもらいやすいと話す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第493号(2020/8/10発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top