コメ兵がAI鑑定を実店舗導入

検索

コメ兵がAI鑑定を実店舗導入

2020年08月20日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AI鑑定の様子

AI鑑定の様子

コメ兵(愛知県名古屋市)は、25日から同社名古屋本店にAI鑑定システムを導入する。ルイ・ヴィトンのバッグ、財布、小物に対応し、今後も対応商材を拡大する。

導入するAIには、本物を見極める真贋機能のほか、モデル名や形式を判定する「型番判定」機能も搭載。AIの精度は99%で、判定のベースとなるデータは同社の買取商品や、KOMEHYOオークションに出品されたアイテムから抽出している。

AIが真贋業務を行うことで、スタッフの育成期間短縮と、接客に集中することによる満足度向上を目指す。また同社運営のフリマアプリに1割程度の偽物が紛れ、出品者に返送されていることから、偽物の排除にも役立てたい方針だという。

今後は名古屋本店から徐々に導入店舗を拡大する方針で、売却需要の高いブランドやアイテムを横展開し、業務フローもAI真贋をベースのものに変えていくことで、国内外への店舗展開を加速させたい考えだ。

第494号(2020/8/25発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top