ピーステックラボ、巣ごもりで買う前の「お試し」増加

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/1人様:8,000円 残席わずか!(税別)

「市場の行方」

ピーステックラボ、巣ごもりで買う前の「お試し」増加

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巣ごもりで買う前の「お試し」増加

レンタルを軸に新しい生活様式創る

コロナショックによって混迷極まる世界情勢。リユース事業者もその規模を問わず、変革の波がやってきた。そこで本連載では様々な業種・規模のトップに、今後の中古市場展望と会社の未来像を訊く。今回は中古スマホで成長している伊藤忠グループのBelongとCtoCレンタルで新たな市場を開拓したピーステックラボ(両社とも東京都渋谷区)を取り上げる。

村本理恵子 社長レンタルプラットフォームのピーステックラボ
村本 理恵子 社長

―― 「アリススタイル」を運営されています。

貸し借りのCtoCプラットフォーム「アリススタイル」を18年10月から運営しています。現在はアプリDL30万、アクティブユーザーがうち3割程度です。総合型では他にないサービスです。

―― コロナ前後での利用者の変化は?

コロナの影響って、生活や金銭面の将来不安だと思うんです。一方で家の中で過ごす時間が増えた。そこでレンタルや、購入前のお試しはしやすくなったと思います。実際、最近では美容・フィットネス機器、高圧洗浄機や圧力鍋など巣ごもり商材が人気です。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第494号(2020/8/25発行)15面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top