上場4〜6月期決算、総合・ブランドとも厳しく

検索

上場4〜6月期決算、総合・ブランドとも厳しく

2020年08月22日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期決算 4〜6月 総合・ブランドとも厳しく

コロナ休業影響し売上前年割れ

社名 対象 売上、売上の前年同期比、状況など
ゲオ 4〜6月 リユース売上は18.4%増の314.2億円。
メディア系は19.3%増の154.0億円。
リユース系は17.6%増の160.1億円。
ブックオフ 4〜6月 売上は169.1億円(18.8%減)。
衣料は51.7%減。
グループEC売上は30.7億円(10.4%増)。
トレファク 3〜5月 リユース事業売上は38.5億円(16.9%減)。
衣料は27%減、ブランドは26%減。
EC売上は87%増。
ハードオフ 4〜6月 売上は47.1億円(4.4%減)。
衣料が不振。
コメ兵 4〜6月 ブランドファッション売上は71.3億円(39%減)。
自社EC利用者が急伸。
バリュエンス 3〜5月 売上は49.3億円(4割強減)。
自社の古物市場のネット対応に伴い出品数が減。
大黒屋HD 4〜6月 質店と古物売買の売上は19.0億円(58.9%減)。
上場各社の直近の四半期業績より

上場各社の決算情報をもとに、新型コロナの感染拡大が本格化し始めた4月以降の景況をまとめた。緊急事態宣言を受け、4〜5月に実店舗の休業や営業短縮を強いられた企業は、直近の四半期業績で売上が前年比を下回っている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第494号(2020/8/25発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top