リユース事業者向けITツール総まとめ「リユーステック カオスマップ2020」

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

リユース事業者向けITツール総まとめ「リユーステック カオスマップ2020」

2020年08月30日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

増加するリユース事業者向けITツール

リユース実店舗におけるデジタルシフトが声高に叫ばれるようになったことを受けて、数多くのIT企業やシステム支援を行う事業者が生まれている。そこでリサイクル通信では、リユース事業者と相性の良い「リユーステックカオスマップ」を作成した。

CHAOS MAP2020_L

CHAOS MAP2020_R

集客から在庫放出までテックが支援

カオスマップとは、業界内のサービスをカテゴリごとに分類したものだ。今回弊紙では「集客」「買取支援」「査定・再商品化」「在庫管理」「販売」「業者間取引」に分類し、独自基準で各業界の注目企業を掲載した。

MEO対策、非対面買取がコロナで急成長

ポータルサイトは大手からベンチャーまで数多いが、近年のトレンドとして検索時に自店舗の位置情報を目立たせる、いわゆる「MEO対策」がトレンドになっており、NOVASTO提供の「ロコミー」フリースクエア提供の「MAP職人」などがサービス開始した。

また非対面接客が求められる昨今、注目が集まったのがオンライン接客だ。パラダイム・ラボのテレビ電話システム「コネクトさん」はローンチ当時「見向きもされなかった」というが、コロナ以降は導入するリユース事業者が15倍に伸びた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第494号(2020/8/25発行)10,11面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top