キタムラ、市場に活気10月の中古売上が昨対比120%

検索

キタムラ、市場に活気10月の中古売上が昨対比120%

2020年11月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古カメラ、コロナに負けず回復の一途

"出張"強化のキタムラ、10月売上昨対120%
オールド品、国内外で人気高く

コロナ自粛下は外出向け商材の流通が鈍化し、その中で中古カメラの買取・販売にも影響が及んだ。だが自粛生活の反動や国のGoTo施策が後押しし、この市場に活気が戻ってきている。カメラのキタムラでは10月の中古売上が昨対比120%となった。またフィルムカメラを競るオークションでは、相場が上昇。国内外でオールド人気が高まっている。

日本の古いフィルムカメラは海外で需要がある日本の古いフィルムカメラは海外で需要がある

自粛期間に600店をクローズしたキタムラ(神奈川県横浜市)だが、自粛明けの6月から8月は客足が戻り、中古カメラの売上は昨対を上回った。9月に昨対90%となるも、10月は同120%にまで上昇。リユース担当の小栗輝彦副部長は、「ミラーレスのシェア拡大とともに、カメラへの中古懸念は薄れてきていた。最近ではファミリー層の方が1台4~5万円程度で、オリンパスE-PLシリーズやソニーαシリーズのダブルズームキットなどを買い求める動きが目立っている」と話す。

またこれまでカメラ店ブランドのイメージが強く、出張買取は手薄だったキタムラだが、7月にオープンした「新宿北村写真機店」との同時PRで出張買取のサービス認知を高めた。自粛明けの中古販売が好調だった一方で買取りは昨対で50~80%台を推移していた同社だが、8月に買取全体で昨対並みに回復。特に店頭持込を懸念するシニア層からの出張依頼が増え、オールドのフィルムカメラの買取りが増えた。普段店舗で働くスタッフが直接赴いて査定する接客がハマり、信頼感で一度での大量買取につながっているという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第499号(2020/11/10発行)24面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top