本紙主催初のウェビナー、「Reuse×Tech Conference」2日間で637名が参加

検索

本紙主催初のウェビナー、「Reuse×Tech Conference」2日間で637名が参加

2020年11月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Reuse×Tech Conference

2日間で637名が参加

バイセル社の岩田社長らが登壇したバイセル社の岩田社長らが登壇した

リサイクル通信が10月20~21日に主催したオンラインセミナー「Reuse×Tech Conference for 2021」」(以下、リユーステック)で、2日間で637名のリユース事業者や関連事業者等が聴講参加した。

リユーステックの開催は昨年に続き2回目。今回は新型コロナ感染拡大の影響を鑑みて、初のオンライン開催とした。「テクノロジーの力でリアル店舗をアップデートしよう!」をテーマに、2会場同時中継で全34の講演やパネルディスカッション、ITツール等のプレゼンテーションを繰り広げた。単独講演ではブックオフグループホールディングスの堀内康隆社長、BuySell Technologiesの岩田匡平社長らが登壇し注目を集めた。瞬間最多視聴者数は1日目A会場で、291名だった。

「for 2022」は来年同時期に開催予定。

第499号(2020/11/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top