日本リサイクルオークションつくば、小物のカーゴ競り活況

検索

Reuse×Tech 2022

「古物市場データ」

日本リサイクルオークションつくば、小物のカーゴ競り活況

2020年12月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

輸出向け道具市の草分け

カーゴ競り「よそより2、3倍高い」

日本リサイクルオークションつくば

「日本リサイクルオークションつくば」概要
会場場所: 茨城県稲敷郡阿見町福田1698-7
開催時間: 毎週木曜日11~19時頃
参加条件: 入会金1万円、年会費なし、参加費2000円(食事あり)、会員の紹介必須
アクティブな会員数: 100人

海外向けの荷と輸出系バイヤーが多く集まる、"インバウンドオークション"の草分けとして知られる「日本リサイクルオークションつくば」(茨城県稲敷郡)。ゴルフ場と隣り合わせるほどに広い敷地を有し、毎週木曜に小物や家具・家電などを競っている。

競られる商材の6~7割は輸出に回っている。同市場では、フィリピンのラスピニャス市にも経営管理と輸出窓口で携わっているオークションがあり、その受け皿を強みに買い支えも行う。「会として直接輸出を手掛けている道具市は日本にそれほどありません。売主様にはきちんと教育をさせて頂き、カーゴ1台で高く売れる荷物を用意してもらっています。よそよりもカーゴ1台分の落札価格は2~3倍高い」(高野拓也会主)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第502号(2020/12/25発行)15面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる