オフプライスストアが拓く「1.5次」流通とは。在庫10億着に挑む大手3社

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

オフプライスストアが拓く「1.5次」流通とは。在庫10億着に挑む大手3社

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフプラが拓く「1.5次」流通

在庫10億着に挑む

オフプライスストアの増加が顕著だ。SDGsなど環境意識の高まりで在庫廃棄が難しくなる一方、コロナの影響により滞留在庫が大発生したことで、オフプライスストアが在庫の受け皿として活況を見せる。こうした新古品市場は「1.5次流通」として定着しつつある。

「アンドブリッジ」店内「アンドブリッジ」店内

オフプライス店のビジネスモデルは、企業から滞留在庫を買い取り、定価の半額やそれ以上の割引率で販売を行うというもので、リユース業と似通った部分がある。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第504号(2021/1/25発行)20面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる