JRAA、リユース営業士、累計2045人に

検索

JRAA、リユース営業士、累計2045人に

2014年04月11日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本リユース業協会(東京都千代田区)が2月に行ったリユース検定の結果が先月末に発表され、305名が合格した。受験者数は605人で合格率は50.4%だった。合格者には合格証と「リユース営業士」の資格が授与される。これまでの累計合格者数は2045人となった。

リユース検定は、リユースショップ営業に必要な知識を問うもの。リユース事業に携わる従業員などのスキルやモラルアップを目的として実施。2013年から会員企業以外も受けられるようになった。同協会が発行する公式テキスト「リユースハンドブック」の中から選択式で50問が出題。1問2点の100点満点、90点以上で合格となる。

次回は8月の開催。8月1日から31日までの1ヵ月間、全国の指定会場で実施される。毎年2月と8月の年2回実施している。

341号(2014/04/10発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top