スタッフがTikTokでショートコントなどを配信、集客に繋げる

検索

Reuse×Tech 2022

スタッフがTikTokでショートコントなどを配信、集客に繋げる

2021年06月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカンヴィンテージを中心に古着を扱うディスマン(新潟県新潟市)はユーモア溢れる動画の配信をすることで来店時のハードルを下げ、集客に繋がっている。

ディスマンが配信しているTikTok動画

ディスマンが配信しているTikTok動画

投稿する動画は古着屋でのあるあるネタやショートコントだ。例えば、試着をお勧めした際のやり取りや、商品をスチームしている所など、接客の中でスタッフが疑問に思うことなどを誇張した内容、店舗での日常風景となっている。「投稿を見て、実際にスタッフは面白いのか、どんな雰囲気でやっているのかと少しでも気になって来店してもらえるような投稿を心掛けています」と大野寛太代表。取組みを始めた背景は、インスタグラムのストーリーに小ネタを投稿していた際、顧客からTikTokを始めたら必ず伸びると教えてもらったことがきっかけのようだ。

      

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる