大志、電気圧力鍋の修理・回収強化

検索

Reuse×Tech 2022

大志、電気圧力鍋の修理・回収強化

2021年08月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古農機具の買取販売を行う有限会社大志(鳥取県鳥取市)は、2015年より行っている電気圧力鍋のOEM販売から出る、不良品の修理、回収をコロナ以後強化している。月間6000台の商品を卸している内、約100~110台ほどの不良品、整備依頼がある。現在回収したものに関しては、自社スタッフが解体を行い部品として販売を行っている。

電機圧力鍋の回収・修理

部品をリユース

同社が取扱う電気圧力鍋同社が取扱う電気圧力鍋

谷口健二社長は「今後はリユース企業と提携を行い回収品の循環を促していきたい」と話す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第517号(2021/8/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる