ブランドレットリー、『目で見て触れてレンタル』洋服の定額レンタルサービスを開始

検索

ブランドレットリー、『目で見て触れてレンタル』洋服の定額レンタルサービスを開始

2021年08月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランドレットリーの屋号でメーカー在庫品やサンプル品等を安価で提供する東方一永(大阪府大阪市)が、このほど洋服の定額レンタルサービス「クローゼットリー」を開始した。実店舗で試着してレンタル品を決められるのが特徴。商品の大半はレディースで、10~20代の若年層を主なターゲットに据える。

洋服レンタル、店舗で試着

メーカー余剰在庫やサンプルなど

月額3980円で最大5着を回数制限なしでレンタルできる月額3980円で最大5着を回数制限なしでレンタルできる

「実際に自分の目で見て、触れて、レンタルしたい商品を選べる」と岩片真彦社長は説明する。背景は、安価にファッションを楽しみたい層が増えてきたためだ。本業のアパレル商社の視点から、洋服の価値と世帯収入が下がっていく状況で、費用を抑えたファッションが求められていると判断した。「SDGsの観点からもニーズが高いのでは。アパレルの需要は14億着と言われるが、29億着が供給され、余剰在庫が問題に。有効活用すれば微力ながら貢献できる」(同氏)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第517号(2021/8/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる