一歩一歩、買取りに対する敷居を下げ来店促進に繋げる

検索

Reuse×Tech 2022

一歩一歩、買取りに対する敷居を下げ来店促進に繋げる

2021年09月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お客様の買取りに対する敷居を下げることで来店促進に繋がります」と話すのは和歌山県を中心にキングファミリー、わかばのFC展開を5店舗行う一歩一歩(和歌山県和歌山市)の佐藤敏行社長。

「買取敷居を下げる」

月平均2000件の買取で成約率99%

同社HP同社HP

豊富な販売ルートを活かし買取品を広げることで、買取りに不安を感じる利用者の安心感と信頼感を獲得している。キングファミリー事業では、1店舗当たり、月平均2000件の店頭買取を行い、成約率は約99%と高い。

同社では、低単価で販売できる強みがあるため、破れている、ペンキまみれの商品など一部を除き買取りを行っている。接客時は、売れないと思っているものに価値があることを伝え、価値観の変化を促す。利用者を通して思いがけない物を買い取ることが口コミで広がり、信用の獲得が出来ている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第519号(2021/9/10発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる