緊迫するアフガニスタン情勢、古物にも影響

検索

Reuse×Tech 2022

緊迫するアフガニスタン情勢、古物にも影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフガニスタン(アフガン)情勢の変化がニュース欄を騒がす日々が続く。中東・南アジア向け輸出を行う日本企業も影響を受けているようだ。古物のコンテナ輸出を手掛ける各社に9月1日時点の最新動向を聞いた。

アフガン緊迫で古物でも変化

布団需要上昇も輸出ままならず

中東付近の衛生写真(Google Earthより)中東付近の衛生写真(Google Earthより)

外務省によると、26日夕刻には100名以上が死亡する爆破テロが国際空港付近で発生。また自衛隊が現地空港に向かうも、アフガン人らの救出を十分に遂行できなかった。

布団の問合わせ増

こうした情勢から中東・南アジアで事業を行う日本企業にも影響が出た。パキスタンは元々リユース文化が根付いており、日本からの古物輸出は盛んだ。アフガンへの中継貿易も度々行われているようだ。

「パキスタンから、羽毛布団や毛布の問い合わせが3倍に増えた」と話すのは、古物・故繊維などの輸出を手掛けるコンシェルジュ(東京都港区)小嶋卓二社長だ。週1程度の問合せが6月以降週3ペースに。内戦によって野戦病院や難民による布団のニーズが発生しているとの情報も流れており、リユース布団として使われる動きがあるのではと指摘する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第519号(2021/9/10発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる