こども古本店、移動古本店が実店舗を開店 敷地面積900㎡に飲食スペースや芝生広場

検索

こども古本店、移動古本店が実店舗を開店 敷地面積900㎡に飲食スペースや芝生広場

2021年10月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットと移動販売で古絵本を販売するこども古本店(愛知県北名古屋市)がこのほど、実店舗を開店した。敷地面積は915㎡で、飲食スペースや芝生広場も備えるなど、週末には300人前後が来店している。

移動古本店が900㎡の店舗開業

週末に300人が来店

移動古本店が900㎡の店舗開業(左)店内の様子。(右)読み聞かせのできるホールもある

「理屈で言えない良さがリアル店舗にある。古絵本の実店舗は他にもあるが、これだけの規模は全国初かと」と中島英昭社長は説明する。同店は中央に絵本のクリーニング工房を設置したり、木製のショーケースでダイナミックにしかけ絵本を展示したり、昆虫等の実物大の写真が見られる本を置いたりして、雰囲気やライブ感を訴求している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第521号(2021/10/10発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる