アルペン、キャンプ用品のリユース事業に乗り出す

検索

アルペン、キャンプ用品のリユース事業に乗り出す

2021年10月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ・アウトドア用品を販売するアルペン(愛知県名古屋市)が、キャンプ用品のリユースに乗り出している。千葉・柏にあるアウトドア業態の旗艦店では、10月1日に中古販売を始めた。それ以前から先行して買取りは始めていた。昨今のキャンプブームによる新品の供給不足を鑑み、中古品でこれを補う狙いという。

キャンプ用品のリユース

千葉の旗艦店で開始

アルペンが運営する柏市のアウトドア店アルペンが運営する柏市のアウトドア店

同社ではアウトドアを専門とする店舗を国内に15店持つ中で、「アルペンアウトドアーズフラッグシップストア柏店」は2300坪を誇り、キャンプ用品を最も豊富に扱う。買取りのみ7月から始めており、「購入して2~3年程度と見られる、比較的新しいテントなどが多くお持ち込みされている」(スポーツマーケティング部スポーツ・アウトドアマーケティングGチーフ 廣瀬直也氏)。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第522号(2021/10/25発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる