KDDI総合研究所、不用品を3Dデータ化しアップサイクル促進

検索

KDDI総合研究所、不用品を3Dデータ化しアップサイクル促進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)は11月25日、アップサイクルプロジェクト「GOMISUTEBA」の実証実験内容を発表した。

同社はKDDIグループのなかで、通信やAIなどの先端技術を中心に、将来的な生活支援につながる研究を行う。そのうち「FUTURE GATEWAY」プロジェクトにて、社外と協業する形でアップサイクルの実証実験を進めている。

座面と脚は別の椅子。つなぐための「モジュール」を3Dプリンターで出力する

座面と脚は別の椅子。つなぐための「モジュール」を3Dプリンターで出力する

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる