キムラセンイ、故繊維業者がミセス古着店

検索

キムラセンイ、故繊維業者がミセス古着店

2015年01月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハギレ使ったワークショップも
高粗利の小売比率上げる

中古衣料の輸出やウエス製造、大型古着店「メガトンマーケット」など5店を運営するキムラセンイ(埼玉県加須市)が昨年春から、ミセス向けリサイクルブティックの展開に乗り出した。現在2店を運営している。

屋号は「バザールdeバザール」。いずれも売り場面積は30坪程度で、中心価格帯1000〜1500円の古着を販売。リメイク古着や着物、ハギレなども扱っており、1店あたり月間1000点を販売している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

360号(2015/01/25発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる