万代がFCに加盟し、便利屋事業に参入

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

万代がFCに加盟し、便利屋事業に参入

2022年02月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道・東北でエンタメ系リユース店を展開する万代(宮城県仙台市)が便利サービスに乗り出した。ベンリーコーポレーションにFC加盟し、1号店を1月26日より宮城県内にオープン。工具の買取・販売専門店との複合で運営している。

工具買取店と複合で

ベンリー万代利府店は工具店との複合店ベンリー万代利府店は工具店との複合店

このほど立ち上げた「ベンリー万代利府店」は、昨年9月にオープンした「工キング宮城利府店」との複合店。プロ向け工具の新品・中古販売と買取りをしており、「主要顧客は30~70代男性、買取件数が順調に推移しており、オープン当時より在庫は2倍ほどに増えている」(専門店開発事業部 小松広幸部長)。「既存顧客と便利サービスを受けていただけそうな客層がマッチしそう」(同氏)であることから、店舗が立地する宮城・利府町や、近隣の塩竈市や多賀城市にポスティングチラシで周知するなどして、集客している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第529号(2022/2/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる