コーケン中部、物々交換を基軸としたコミュニティづくり

検索

コーケン中部、物々交換を基軸としたコミュニティづくり

2022年04月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整理事業を行うコーケン中部(愛知県岡崎市)が物々交換を基軸としたコミュニティづくりを進めている。一年半ほど前より店舗を物々交換専門店とし、金銭の収益に頼らない運営を目指す。SNSで取り組みを発信し、現在は多い日で1日10組以上が不要品を交換していく。

物々交換の専門店

1日10組が利用

コーケン中部 物々交換の専門店

古田雄大社長は17年にリユース店「レトロカルチャー」を開店。その後、遺品整理事業を通じ「大量の不要品を仕方なく捨てる一方で、新しくモノを買うことに疑問に感じた」。これを契機に20年夏に物々交換専門店に転換した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第532号(2022/3/25発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる