トレンドサーチ、スタッフ教育に力を入れ顧客満足度向上

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

トレンドサーチ、スタッフ教育に力を入れ顧客満足度向上

2022年06月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総合リユース店のトレンドサーチ(福岡県北九州市)は動画研修と紙のリストでスタッフの接客スキルを高め、顧客満足度を上げている。同社は口コミの各サイトで軒並み高評価を得ており、その成果の表れと言えそうだ。

スタッフ教育を徹底

動画研修と紙のリストで

接客しながら作業リスト接客しながら作業リスト

グーグルビジネスプロフィールの評価は4.4を記録し、ヤフオク! では良い評価の割合が99.8%、ジモティーでは955個の「良い」を獲得するなど、同社は消費者からの評価の高さに定評がある。スタッフ教育の方法としては主に以下の2つを重宝している。

1つ目が動画研修。社会保険労務士法人ロームによるものだ。高場博司社長は同法人に給与計算を依頼している関係で、月に3~4回にわたるZOOM研修も受講。給与計算と動画研修を合わせ、月に2万円程度を同法人に支払っている。「リーダーシップ研修」「問題解決力向上セミナー」「主体性を引き出す質問の力」「新入社員・一般社員のための指示の受け方」など、内容は幅広い。例えば「主体性を引き出す質問の力」では、『いま、私はなんて説明した?』『自分の言葉で言うと、どうなる?』などと部下に対して質問することを推奨しており、結果として部下が自分の頭で考えて行動できるようになったという。ローム社は社員教育に対して年に数千万円を投資しており、自社で効果が実証済みの上質な内容が得られるそうだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第537号(2022/6/10発行)19面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる