遺品整理、大手リユース店も本腰

検索

遺品整理、大手リユース店も本腰

2022年06月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行きつけのリユース店に、遺品整理もお願いしてみる―――。こういう時代が近い将来、やって来るかもしれない。ブックオフはこのほど、「かたづけ」の新事業を始めた。トレジャー・ファクトリーやハードオフFCジーのエコノスといった上場企業も、旗艦事業とは異なる屋号を掲げて、この領域で独自サービスを手掛けている。大手リユース店が本腰を入れれば、既に先を行く整理専門の中小事業者との競争も激しくなる。今後の動向に注目したい。

「ブックオフおかたづけサービス」では遺品整理などを行う「ブックオフおかたづけサービス」では遺品整理などを行う

ブックオフは5月23日、片付けのサービスサイトを立ち上げた。日本リユース・リサイクル回収事業者組合(JRRC)が認定する整理のプロ「遺品3Rディレクター」の資格を持った自社スタッフが物品(貴金属や家財など全般)を仕分けし、査定する。買取査定金額が、片付けの作業や不用品処理に係る費用から差し引かれる。

依頼者にとっては複数の業者に相談する手間が省かれ、ワンストップで依頼を完結できる良さがある。またブックオフでは国外にも店舗を持つことから、国内で取り扱えないものでも国外に流せる。依頼者はリユースによって負担する作業・廃棄費を節減できる。

販路を国外に

大手リユース店企業の遺品・生前整理の参入状況
社名 サービス屋号 備考
ブックオフ
グループホールディングス
ブックオフ
おかたづけサービス
遺品整理や不動産売却にあわせて家屋内の物品をかたづける、個人向けのサービス
トレジャー・ファクトリー レガシー 消費者が全国の相続・終活の専門家を探せるプラットフォームを運営するはなまる手帳と提携
エコノス
(ハードオフとブックオフのFCジー)
グッドセル ネットから集客。自店の利用がない人から依頼が寄せられている傾向
ワットマン - タイ向けに荷造りをする神奈川県内のロジスティクスセンターのスタッフが、遺品・生前整理を担当

片付けや遺品・生前整理の参入においては、仕分けや引取・買取後の物品の行方を、セットで考えておきたい。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第537号(2022/6/10発行)28面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる