増える買取FCの古物市場

検索

増える買取FCの古物市場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナを契機とし、買取専門店FCを展開する本部企業による古物市場への参入が相次いでいる。主要なFC本部は独自の古物市場を持つことが当たり前になりつつある。ただ、古物市場が既に多数存在しており、運営を成り立たせるのは容易ではない。FC本部運営による古物市場の動向を考察した。

オークション運営当たり前の時代に

入口だけでなく
出口まで支援

コロナを契機に、ブランド品等を扱う古物市場を中心に開催方式の主流が入札式になった。これにより、開催が容易となったことが、買取専門店FC本部の古物市場参入につながった面がある。

古物市場を運営する主な買取専門店FC 運営企業
FC店屋号 企業名 古物市場名称
エコリング エコリング EcoRing the Auction
おたからや いーふらん おたからやオークション
買取大吉 エンパワー DAIKICHI AUCTION
かんてい局 FTC FTCオークション
こやし屋 トリアイナ Vintage Camera Auction
Vintage Watch Auction
NAMARAオークション
大黒屋 大黒屋 DKオークション
ブランドオフ K-ブランドオフ JBA日本ブランドオークション(金沢)
JBAライブネットオークション
JBA日本ブランドオークション(東京)
ブランド楽市 Rs-JAPAN Rsオークション
ブランドリバリュー STAYGOLD リバオク

これまでFC本部は、看板の知名度や査定・真贋など買い取れるように加盟店をサポートするのが中心だった。古物市場を始めることで入口から出口まで支援できる体制が整うため、加盟店募集の際にアピールできる。

また、古物市場では、落札額に応じた手数料を支払うのが一般的なため、本部も新たな収益を生むことができる。そのため、多くのFC本部が古物市場を運営するに至っている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第538号(2022/6/25発行)24面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる