「フロンターレ」グッズ転売抑止、選手のサインをAI識別

検索

「フロンターレ」グッズ転売抑止、選手のサインをAI識別

2022年07月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

システム開発を手掛けるエフィシエント(神奈川県横浜市)は5月、サイン入りグッズの転売を検知する「転売抑止エンジン」の運用開始を発表した。

フリマに転売された画像からAIがサインを鑑定するフリマに転売された画像からAIがサインを鑑定する。エンタメ領域への横展開を目指す

AIにより選手のサインを分析し、転売画像と照合することで転売者を特定、横行するファングッズ転売を抑止する。プロサッカーチームの川崎フロンターレ(神奈川県川崎市)が導入する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第539号(2022/7/10発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる