アールツーソリューション、太陽光パネルをリユース

検索

アールツーソリューション、太陽光パネルをリユース

2016年10月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大量排出見据え官民注目

環境意識の高まりで再生可能エネルギーの利用が増える中、太陽光パネルのリユース・リサイクルを行うアールツーソリューション (東京都中央区)に官民から注目が集まっている。

大量排出が予測される太陽光パネル大量排出が予測される太陽光パネル

同社は市川環境エンジニアリングとネクストエナジー・アンド・リソース、近畿工業、リサイクルテック・ジャパンの4社が共同で3月に立ち上げた会社だ。リサイクルとリユースで採算のとれるモデルを構築しようとしている。

再生可能エネルギーの固定価格買取り制度スタート以来一気に普及した太陽光発電だが、2020年と2030年に一気に廃パネルが排出されると予測されている。アールツーはその現実的な解決策を提案する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

402(2016/10/25発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる