ゼンマーケット、越境ECサイト 在庫管理サービスと連携

検索

ゼンマーケット、越境ECサイト 在庫管理サービスと連携

2022年11月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

越境ECサービスを手掛けるゼンマーケット(大阪府大阪市)は、運営しているプラットフォーム「ZenPlus(ゼンプラス)」において、EC在庫管理サービス「らくらく在庫」とのAPI連携を開始した。

ゼンマーケット 購入代行サービス「ゼンマーケット」購入代行サービス「ゼンマーケット」のノウハウを活かし「ゼンプラス」を運営している

ゼンプラスは、同社が2016年に立ち上げた海外販売用のプラットフォーム。(1)販売先とのやり取りはすべて同社のスタッフが行うため利用者は日本語のみで使用でき、(2)注文が入ったあとに利用者は同社の倉庫に商品を送り、決済はそこで行う。クレジット不正利用の心配がない、などの長所がある。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第547号(2022/11/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる