中古スマホ「Pixel4」倍額高騰

検索

「リユース探偵」

中古スマホ「Pixel4」倍額高騰

2022年11月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3年以上前のスマホが急に売れていく...そんな異常事態が10月に起きていた。2019年に発売されたグーグルのスマホ「ピクセル4」シリーズがリユース店から忽然と消え、フリマアプリでも相場価格が急に高まった。背景には新型スマホの存在があるようだ。

「7」発売による高額下取り要因で

新発売の「Pixel7」新発売の「Pixel 7」。下取りを活用すれば実質0円購入もできた

「在庫は一瞬でなくなった」。そう話すのはイオシス(大阪府大阪市)の奥野隆司氏。ピクセル4シリーズは同店舗にて2万円台で売っており、在庫は50台程度。それがある日を境に、急に完売した。

原因は、10月に発売となった新型スマホ「ピクセル7」シリーズだ。10月7日に予約が始まり、並行して下取りキャンペーンを発表。「ピクセル4」シリーズを最大6万1500円で下取りすると打ち出した。リユース企業各社が2万円前後の買取価格を提示する中で、破格だ。

つまり、店頭で2万円程度の中古端末を買い、グーグルに下取りを申し込めば、状態次第では約4万円もお得に最新スマホを買える。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第548号(2022/11/25発行)13面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる