特殊清掃業者ブルークリーンが買取りも 顧客の作業費を軽減

検索

特殊清掃業者ブルークリーンが買取りも 顧客の作業費を軽減

2023年07月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特殊清掃事業を展開するブルークリーン(東京都大田区)は、リユース事業を強化する。清掃時の回収物を廃棄せず買い取りすることで、顧客の清掃費用を軽減させる。鈴木将太課長補佐は「特殊清掃はハウスクリーニングと異なり、30万〜40万円台が多く高額です。リユースサービスを通し、主力事業を伸ばしたい」と意気込む。

ブルークリーン(右が鈴木将太課長補佐)川崎オフィスで査定する。特に釣り具・レコード・ホビーに買い手がつくという川崎オフィスで査定する。特に釣り具・レコード・ホビーに買い手がつくという

買取成約率はほぼ100%

特殊清掃時に回収した不用品は川崎オフィスに集め、自社で査定する。同社の強みは販路が広いこと。ジャンルに合わせ、メルカリショップスやブランドオークションなどを使い消費者や業者に再販する流れだ。買取成約率はほぼ100%だという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第563号(2023/07/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる