JA三井リースアセット、米機関から電子機器処理の最新版認証

検索

JA三井リースアセット、米機関から電子機器処理の最新版認証

2023年08月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リサイクル通信イメージ画像03

JA三井リースアセット(東京都中央区)が、電子機器リサイクル業者を評価する米国発祥の国際規格、「R2」の最新版「R2v3」を認証取得していた。8月8日に発表されていた。 R2は、米国のNPOがリサイクル業者において使用済み電子機器のリサイクル処理を適切に行っているかを評価する国際規格。機器処分時の取引先選定基準として世界的に採用されている。R2v3は、昨年に日本では初めて興栄商事が認証を取得しているが、国内では例が少ない。

JA三井リースアセットでは、リース終了物件の適正処理を軸としてデータ消去から再製品化までのリユース・リサイクルを行っており、その複合機能センターでR2v3認証を取得。認証範囲は、「PC、サーバー等のデータ消去サービス及びキッティングサービスのプロセスを通じた、中古製品のリユース及びパーツ、付属品等のリサイクル」という。

第567号(2023/09/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる