繁盛店の店づくり【vol.274】銀座にスニーカーマニアの基地

検索

GINZA SNEAKER HILLS SNEAKER MARKET BY KOMEHYO(東京都千代田区)

繁盛店の店づくり【vol.274】銀座にスニーカーマニアの基地

「繁盛店の店づくり」

2023年08月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

繁盛店の店づくりVol.274

「スニーカーマニアのための基地」というコンセプトで昨年3月、阪急メンズ東京(東京都千代田区)にオープンした「GINZA SNEAKER HILLS」。KOMEHYO 初のスニーカー専門店「SNEAKER MARKET BY KOMEHYO」の他、修理やカスタムができるショップや貴重なスニーカーを展示するミュージアムが集結。スニーカー好きが集まるスポットになっている。

GINZA SNEAKER HILLS
SNEAKER MARKET BY KOMEHYO

1年で客単価が1.8倍に

GINZA SNEAKER HILLS SNEAKER MARKET BY KOMEHYO。黒を貴重とした高級感溢れる内装。「『このお店に来るために旅行を組みました』と言って来てくださる地方のお客様が本当に多くて、ありがたいです」と店長の濱野さんSNEAKER MARKET BY KOMEHYO。黒を貴重とした高級感溢れる内装。「『このお店に来るために旅行を組みました』と言って来てくださる地方のお客様が本当に多くて、ありがたいです」と店長の濱野さん

「GINZA SNEAKER HILLS(以下:GSH)」は、「マーケット」「ミュージアム」「スクール」「ホスピタル」の4セクションで構成。その内のマーケット機能を担うのがKOMEHYOだ。「ホスピタル」と「スクール」としてスニーカーのカスタムや修理を行うのは、「onebyone=(ワンバイワンイコール)」(運営:Live Attractive)。ミュージアムの運営は阪急阪神百貨店だ。

GSHを企画した同社の村上大輔さんは「スニーカーブームが再来し、CtoCの取引が盛んになっていることから、百貨店としても二次流通のマーケットに挑戦したいと考えていました。また、SDGsの観点からも、良いものは捨てずに次の世代に繋げていく取り組みにも挑戦したいと思いました」と話す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

Shop Data

オープン 2022 年3月
備考 ●売場面積/約95坪(GINZA SNEAKER HILLS 全体)KOMEHYOのみは80㎡(約24坪)
●店頭在庫数/約900点(KOMEHYOのみ)
●客層/男性:女性=7:3 10~60代(購入する客層は30代後半以上がメイン)

第566号(2023/08/25発行)11面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる