ビギン、成人式の振袖をドレスに

検索

ビギン、成人式の振袖をドレスに

2017年02月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はさみは一切いれず

思い入れのある振袖をドレスに。はさみを一切いれず、着物をドレス風に着こなす「オリエンタル和装」が、結婚式衣装として注目を浴びている。着付けるのは、ビギン(愛知県弥富市)の村井昭子代表。東京や大阪など全国の結婚式を飛び回っている。

ウェディングドレスより着心地も良いと好評ウェディングドレスより着心地も良いと好評

利用する花嫁の9割以上が、自身の持っている着物を用いる。「成人式の振袖やお母様、おばあ様の着物をドレスとして着こなす方が多いです」。サプライズとしても人気だ。「お色直しでお母さんの着物を着て、ご両親へのサプライズとして利用することもあります」。

着心地もウェディングドレスよりも締め付けが無く、着やすい。着付けは村井代表の場合、10分で完了する。

利点ははさみを入れないため、振袖に戻ること。「リメイクするのもいいけれど、着物は日本の伝統文化です。思い入れのある着物だとはさみを入れるのが心苦しいのは、尚更です。再度着物として活用できると言うところが、最大の長所だと思います」。

最近ではマスコミに取り上げられることも増え、先日はロサンゼルスのファッションショーに招待され、出場した。

「海外で大変驚かれて、感動してもらえました。オリエンタル和装は、着物の可能性を広げるものだと感じます」

410号(2017/02/25発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる