【古着TOP25】セカスト堂々の首位

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/1人様:8,000円 残席わずか!(税別)

「商材別ランキング」

【古着TOP25】セカスト堂々の首位

2017年07月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古着TOP25 メダル

古着TOP25 表

400億円に迫る勢い

セカンドストリートなどの屋号で、古着を販売するゲオホールディングスが2位以下を大きく引き離しトップ。推計売上高は396.2億円と400億円に迫る勢いだ。同社は、現在セカンドストリートをはじめとしたリユース事業でのEC化を進めている。今秋からは他店舗の商品を近隣の店舗に取り寄せるサービスを実施予定で、ECと実店舗の連動を図る。

菜々緒・ブルゾンCMで話題

4位のデファクトスタンダードは、推計売上高77億円。モデルの菜々緒やお笑い芸人のブルゾンちえみを使った、テレビCMが話題に。KDDIコマースフォワードが運営する、ワウマ!など販路も拡大している。

都内を中心に6店舗古着店を運営する原宿シカゴは、推計15億円を売り上げ12位。日本・アメリカ・ヨーロッパの古着をメインに、アンティーク・リサイクル着物も豊富に取り揃える。

レディース古着ネット販売のブランドゥールを運営するオシャレボは、9億円を売り上げ19位。現在はEC以外の販路やビジネスモデルの実験も行っており、試験的に新品アパレル店とのコラボも行う。

24位の北関東中心に事業展開するプリマべーラは、7億円を売り上げた。イオンタウンに出店する古着専門店の「ニコカウ・サンコメタダ」は、2個買うと3個目がタダになる面白い形態のショップだ。

古着TOP25 グラフ

420号(2017/07/25発行)11面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top