お宝創庫のカジ・コーポレーション、出張買取を本格稼動

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

お宝創庫のカジ・コーポレーション、出張買取を本格稼動

2018年01月31日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実店信頼元に〝買いに行く〟

エンタメ系総合リユース店お宝創庫などを展開するカジ・コーポレーション(愛知県名古屋市)の始めた出張買取が、実績を出し始めている。2016年10月に本格的に開始し、現在月間100件程度の出張買取を行っている。

HP上でも出張買取をPRHP上でも出張買取をPR。地元で多店舗展開する店のスタッフが訪問する安心感で訴求する

出張買取の対象としているのは愛知県全域。「地元のお店の顔が見える人が、やってくる」(竹内武久常務)という安心感で訴求し、依頼件数を伸ばす。同社は中古事業の他にもネットカフェやカラオケ店を展開し約200億円を売り上げており、愛知を中心に知名度がある。

出張経由の買取りはまだ総量の5%に満たないが、「出張20%、店頭70%、宅配10%というイメージ」(竹内常務)に今後移行していきたいと言う。

同社が出張買取をはじめたのは、ネット販売やフリマアプリに対抗するためだ。「店で待っているだけでなく、『実店舗の信頼をベースに買いに行く』」(竹内常務)ことで、不要品の獲得競争に勝つ方針だ。カジ・コーポレーションが強いアイテムは、トレカやゲームなど比較的店頭に持ち込みやすい商品だが、同時に出張買取の需要が高い、『家具』を強化していると言う。ニトリや無印良品など低単価の家具も買取り、実店舗で販売にまわしていく。

カジ・コーポレーション 竹内武久常務カジ・コーポレーション 竹内武久常務

432号(2018/01/25発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top