ゲオ、買取増策を続々

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

ゲオ、買取増策を続々

2018年02月15日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯集めはgooと連携

ゲオ(愛知県名古屋市)が、買取り強化を一段と進める。中古スマホはNTTレゾナントの運営する「gooシムセラー」と連携。古着と総合リユースの「セカンドストリート」業態でも、宅配買取りの対象を大幅に拡大する。

ゲオの中古携帯取扱台数の推移gooシムセラーはスマホ端末の割引と併せて、端末の買い替えキットを提供する「スマホ買替アシスト」というサービスを展開している。ゲオは、同サービス上でユーザーが売却する端末の買取りを担う。

同社は全国のゲオショップとゲオモバイル約1200店で、携帯端末の買取りを実施。2016年には年間の販売・買取り台数共に100万台を突破した。さらなる事業拡大をにらみ、在庫台数を増やす方針だ。

セカンドストリート業態が行う、WEB経由の宅配買取りの幅も広げる。これまで対象を衣類と服飾品に限定していたが、1月22日から楽器や家電、ホビー用品などもラインアップに加えた。

433号(2018/02/10発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top