英・ヨークで日本製フィギュアが人気

検索

「日本に買い付けにくる海外バイヤー」

英・ヨークで日本製フィギュアが人気

2018年03月05日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本に買い付けにくる海外バイヤー

最近は日本のアニメ、ゲームなどが海外でも人気ぶりを見せている。どんな商材が現地でヒットしているのか。イギリスでレトロゲーム店を経営するリー・クニングハム氏に、日本へ買い付けにやって来たタイミングにあわせ、話を聞いた。

イギリスのヨークでレトロゲーム店「ソアーサムレトロゲームズ&トイズ」を運営するリー・クニングハム店主は、日本のゲーム・玩具を買い付けに、年1〜2回来日する。

店舗外観店舗外観

今回は昨年12月30日に来日し、1週間で約7000点の商品を買い付けた。

現地では日本作品のフィギュア人気が高まっていると言う。キーワードは「ラブライブ!」「初音ミク」「アイドルマスター」「ドラゴンボールZ」「ゴジラ」など。同店がメインで提供するレトロゲームの中心客層は25歳以上の男性だが、フィギュアとなると「10代男女まで客層が広がる」(リー店主)と話す。

ラブライブ!などのフィギュアが並ぶラブライブ!などのフィギュアが並ぶ

アマゾンプライムで日本アニメ・特撮が流れ、その影響などで日本作品に親しむ裾野が広がっているようだ。

今回買い付けたフィギュアは「本当に人気ある物は20ポンドで売れるだろう」(リー店主)と話す。

動画宣伝で世界からの集客図る

同店ではフェイスブックなどで毎日5件の動画・画像の投稿をしている。リー店主が強化しているのは海外で買い付けた商品がどんなものかを紹介する約5分の動画だ。梱包を開封するシーンから映像に収め、開封時には爆発音を挿入するなど、サプライズ演出にこだわる。

「商品を探す楽しみやときめきを求めて、世界中から多くの人に来店してほしいです」(リー店主)。

同店が立地するヨークは観光地としても世界的に有名。国内では珍しく街の中心に鉄道が走り、同店も駅から徒歩10分以内と利便性が高い。店舗は売場34㎡程にフィギュアやゲームソフト・ハードを2万点以上提供。週末は、ピークで100人以上の来客がある。

買い付けリポート
・買い付け場所:東京、埼玉、愛知のリユースショップや中古玩具店
・買い付け期間:1週間
・1日の訪問数:3〜5店
・今回の収穫についてコメント:「レトロゲームが主力だが例年より高騰していたため、買い付け全体の7割がフィギュア、3割がゲームとなった」(リー店主)

リー・クニングハム 店主ソアーサムレトロゲームズ&トイズ リー・クニングハム店主

434号(2018/02/25発行)8面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top