質の七つ屋、質の魅力を声で届ける

検索

質の七つ屋、質の魅力を声で届ける

2018年09月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

質の七つ屋

4-B2.JPG▲店舗は小田急江ノ島線善行駅徒歩1分の立地。地域に根差した経営がモットー

店長はラジオDJ 
質の魅力、声で届ける

創業7年目を迎える質の七つ屋(神奈川県藤沢市)は地域のラジオ局でメイン パーソナリティとして番組を持ち、集客を図っている。

ラジオへの出演は、小原大輔代表が「レディオ湘南」の社長と知り合い、質店としてゲスト出演したことがきっかけ。質預かりなどに興味を持ったリスナーから反響があり、1年半かけて質店の仕組みや利用方法、ビジネスとしての魅力などについて話した。

今年の4月からはFMやまとに場所を変え、毎週木曜日の22時30分より、「こちら七つ屋ちがらじ屋」のメインパーソナリティとして出演しているの趣味である90年代の音楽を中心とした歌手や曲を紹介し、最後に現役質店ならではの視点で査定する。

音響機器のレンタル事業を行うちがらじとのダブルクレジットで番組の途中に広告も挟む。小原代表は「ラジオは地域の事業者やドライバーなどが常に聴いていて、耳から入るる情報の為費用対効果が高い。放送後局に質についての問い合わせが4件ほど入る」という。公共電波による情報発信で信用度も高まる。

4-B1.jpg▲FMやまとの収録に臨む小原代表

▼関連記事はこちら
トライゴ、質店の開業支援コンサル
老舗質店担う若き経営者 ~交友録(70) あづまや質店 山屋 聡一朗氏~
《生き残る店 次の一手は》大蔵質店 専門部署設置「ECで物販の50%」

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第447号(2018/09/10発行)4面

Page top