【1問1答】真理書房 石黒敏彦店長

検索

【1問1答】真理書房 石黒敏彦店長

2018年09月30日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

真理書房

aa.jpg▲回答者 石黒敏彦店長

「街の古本屋」を続けたい

Q 創業は?

「1978年。学生の時から古本店を開業したかった。開業当初は本を置けば売れる時代。ちり紙交換で回収された本を買い取り、販売販売した。」


Q ネット販売も行っている?

「2年前から店舗を続けつつ、ネット中心の経営に移行。しばらくネット販売のみだったが、新店舗を6月に始めた。」


Q どんな本を扱っている?

「人文社会科学の本を中心に、雑誌、一般書など。大学の教授から古い書物を預かることもある。」


Q お客さんに選ばれているポイントは?

「勉強を重ね、興味深い文学を見つけ、お客様に紹介してきた。同じ本を10冊売ったこともある。」


Q 気になることは?

「今はネット販売しないと赤字になる。店舗がどんどん消えていくことが寂しい。本を読まない時代で文化の衰退が心配。ただ拘りがありすぎると不良在庫を抱える。思い入れでくない。」


Q 今後の展開は?

「原点に戻り、ネット販売を続けながら、細々と『街の古本屋』を続けたい。

写真1.JPG▲人文社会科学の本を中心に 一般書も扱う

▼関連記事はこちら
古書現世、コミュニティ形成に一役
ノースブックセンターが12年続ける、古本で行う寄付活動とは
《人材活用の賢者》障がい者を中古品ネット販売の戦力に 出品や商品チェック作業を任せる

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第448号(2018/09/25発行)7面

Page top