LIPSオークション 時計宝飾大会の出来高2億円

検索

LIPSオークション 時計宝飾大会の出来高2億円

2018年10月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

要約すると.ブルー.png

・LIPS(北海道札幌市)が9月21日、ブランド品の「LIPSオークション」を開催
・今回が初競りで出来高は2億400万円
・北海道地震の影響もあったが商品の約4割が道外から出品


LIPSオークション

時計宝飾大会の出来高2億円
北海道地震に負けず初競り

LIPS(北海道札幌市)が主催するブランド品等を競る市場大会「LIPSオークション」の初競りが9月21日に開かれ、時計・宝飾品の出来高が2億400万円となった。開催の約2周間前には、最大震度7という北海道でも記録的な地震に襲われ、一時は開催も危ぶまれた。配送網が乱れたため、出品できなかった参加者もいる中で、時計124箱(1箱約10点)、宝飾品125箱の荷が競られ、その内道外の荷が4割程度を占めた。


最高値で競り落とされたのは、時計ではパテックフィリップのノーチラス57121Aが95万円。宝飾品では、5.17ctのダイヤリング190万円。買い手では道外の有力バイヤーが前列席に名を連ねた。「今後は時計200箱、宝飾200箱の出品を目指してがんばっていきたい」と開催にあたり今後の意気込みを角馨社長がコメント。北海道では珍しい市場大会ならではのスピー ド感ある競りに沸いた。


次回は10月6日にバッグ大会が開かれ、毎月開催していく予定。オークションへの参加は、入会金無料、年会費1万800円(2019年3月迄無料)。下見参加費1000円、大会参加費2000円。尚、初競りでは昼食に 海鮮丼が参加者に振舞われた。

4-B.jpg▲初競りの様子。海外からも参加

▼関連記事はこちら
日本ブランドアドバンストオークション、10月から市場大会開催で出来高5億円を目指す
入札型ネットオークション 9月より毎月開催へ
《ブランド市場バイヤーに学べ48》シーズナリティによる相場を読む

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第449号(2018/010/10発行)4面

Page top