ZERO TO ONE、通販サイトでオンライン試着 利用者と商品のミスマッチ減に 

検索

ZERO TO ONE、通販サイトでオンライン試着 利用者と商品のミスマッチ減に 

2019年06月28日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ZERO TO ONE

中古カー&バイク用品通販サイト「Croooober(クルーバー)」を手掛けるZERO TO ONE(神奈川県横浜市)は5月16日、Virtusize(東京都渋谷区)のオンライン試着サービス「バーチャサイズ」の導入を発表した。同サービスは、クルーバーで掲載されるライダースウェア・パンツ・シューズ等のイラストを別のアイテムのイラストと重ね、サイズを比較するもの。

「クルーバーで扱う中古レザージャケットの単価は約3千円~3万円で、2万円以上の高価な商品も数多くあります。試着が出来ないECサイトではこのような商品の購入ハードルは高いため、バーチャサイズを導入することでお客様が安心して購入できる環境を整え、ミスマッチをなくすことが出来れば」(眞砂野亮太社長)

4B-2.png▲眞砂野亮太社長

商品詳細ページにある「サイズ比較」をクリックするとバーチャサイズが起動し、閲覧中の商品のイラストが表示される。比較するアイテムは①購入履歴②手持ちアイテムの採寸データ③クルーバーに掲載される他アイテムの3種類。Virtusizeはユナイテッドアローズ等国内45サイトに導入実績があり、ユーザーは他サイトでの購入履歴もクルーバーで使用できる。

4B-1.PNGのサムネイル画像▲緑色の「サイズ比較」をクリックして起動

一方で、クルーバーではライダースジャケット等バイクウェアを多数掲載。プロテクターの装着等、バイクウェアと一般的な衣服との相違点に関しては、ZERO TO ONEのビジネスチーム、エンジニアチームとVirtusizeが協業し、最適化に成功した。

クルーバーでの5月下旬頃のバーチャサイズ導入点数は約2000点。今後、同社はレーシングスーツ・手袋などへの同サービス拡大を視野に入れる。

▼関連記事はこちら
《Sharing Economy》相乗りアプリノリーナの新型 近くのドライバー地図上に表示
《トップINTER VIEW》アップガレージ 河野映彦社長、全国300拠点に向け社員の独立を支援
MODALAVA×BloomScheme、3D試着アバターを導入

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第466号(2019/06/25発行)4面

Page top