ブランド古物市のナニワ市場、宝石時計大会を毎月開催 出来高5億円目指す

検索

ブランド古物市のナニワ市場、宝石時計大会を毎月開催 出来高5億円目指す

2019年07月30日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ナニワ市場

5A.png▲ナニワ市場のホームページ

ナニワ市場(大阪府大阪市)は7月、年5回開催の宝石・時計の古物大会を、1月を除き毎月開催に移行した。また、年24回開催の平場市を年13回とした。大会での物量増を睨み、基本5%だった売り歩を3.5%(時計・地金製品は2%)に変更。大会1回で出来高5億円を目指す。

同市場は7月6日に、毎月開催形式に移行して初めて、宝石・時計の大会を行った。「運営状況はまだ過渡期。これから売り手業者を増やし、物量と出来高を伸ばしていく段階」(國吉勇雄代表)という。

出来高5億円のほか、出品500箱(1箱10点)を目指しており、これは年5回開催だった頃の3〜4倍程のボリュームにそれぞれあたる。今後は、「関東有力の売り手業者」(同代表)を増やしていく考え。「宝石メインで関西と関東の業者が混在した市場はあまりない。これまでの古風なスタイルを刷新していきたい」(同代表)

7月6日の大会では物量のうち約9割を宝石が占めたように、同市場は宝石の競りを主力とする。とりわけ、「相場が不明確なカラーストーンが強み」(同代表)と話し、ルースでも比較的高値の落札で買い手が付くという。

先述の売り歩変更は、平場でも適用。また大会・平場とも、これまで一本槍だった発句を、競り上がり形式へと変更した。

▼関連記事はこちら
《全国ダーツの旅☆東京都》リカラット、メルカリで偽宝石買った相談者 鑑定きっかけに情報発信強化
《全国ダーツの旅☆東京都》ザ・ゴールド銀座店、珊瑚の売却望む女性納得させた 店長の丁寧な対応と中国販売ルート
JWA、古物市落札前に支払い 出品者の資金繰り支援

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第468号(2019/07/25発行)5面

Page top