リクロ、中国向け販売が好調 ブランド品の業者仕入れ強化

検索

リクロ、中国向け販売が好調 ブランド品の業者仕入れ強化

2019年09月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リクロ

リクロを運営するアクティブソナー(東京都港区)が事業者との取引を拡大させている。国内では売りにくい中国向け商材を主に仕入れており、自社の販路で販売。売上は非公開としているものの、「年率で2倍のペースで伸びている」(青木康時社長)と話す。

3A-1.jpg▲青木康時社長

同社は海外販売の構成比が55%を超えており、中国向けが7割を占める。

3A-2.jpg▲海外販売の7割が中国向け

同社では、消費者から直接委託や買取で商品を調達する他、セブン&アイ三越伊勢丹ディノスと言った小売り大手を通じて商品を集めている。3つ目の調達ルートとして強化しているのが、業者仕入れだ。ブランドバッグや時計、アクセサリーで、30社程度の事業者から月に数億円を買い付けており、取引先も毎月増加している。

売れ筋のブランドは、ヴィトン、シャネル、エルメス、グッチ等で、コンディションはS、A、Bランク。「ヴィトンの黄色のスピーディ、赤のエピのカバンなど日本では好まれないデザイン。マルチのモノグラムなどが中国では売れやすい」(同氏)

同社によると、中国では主に20〜30代の女性が購入しており、販売価格はバッグで平均5万円程度。4ヵ月前からライブチャットでの販売を始めており、これの伸びが大きいと言う。「中国向けに販売を行うには小規模事業者にはハードルが高い。当社が買い付けることで、キャッシュフローの面でも事業者とはウインウインの関係が作れている」(同氏)

▼関連記事はこちら
<リクロ>三越伊勢丹に買取店 初のリアル店、新宿と銀座に
リクロ、ディノスと協業ブランド買取サービスを提供
リクロ 中国越境EC bolomeと提携

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第471号(2019/09/10発行)3面

Page top