ブックオフ、キャッシュレスに対応 4ブランドを導入

検索

ブックオフ、キャッシュレスに対応 4ブランドを導入

2019年10月15日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブックオフ

97898fe7e401726a82dc449a2129fbde_s.jpg

ブックオフグループホールディングス(神奈川県相模原市)は、子会社のブックオフコーポレーション(神奈川県相模原市)が運営するリユースショップBOOKOFFで、多様なキャッシュレス決済に対応するため計4ブランドのバーコード決済サービスを導入した。

導入対象は国内のBOOKOFFの572店舗。対象は「楽天ペイ」「Origami Pay」「Pay Pay」「LINE Pay」の4ブランド。ブックオフはチェーン全体で年間延べ9000万人が利用している。バーコード決済でより多くの人のニーズに対応できるようにする狙い。

今回の導入はバーコード決済の4ブランドに留まった。現在クレジットカード6ブランド、電子マネー15ブランドに対応している。今年度中に今回導入されなかった他ブランドのペイメントも導入していく予定。

▼関連記事はこちら
ブックオフ、アイデクトを買収 宝石リメイクに着目
フリマアプリの台頭でリユース企業苦戦は本当か?
《トップINTER VIEW》ブックオフコーポレーション 井上 徹執行役員 海外事業担当兼R室長、マレーシア出店を加速

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第473号(2019/10/10発行)3面

Page top