Robes、30代男性をターゲットにサブスク開始

検索

Robes、30代男性をターゲットにサブスク開始

2019年11月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Robes(東京都渋谷区)は10月よりメンズファッションの月額制サービスを開始した。既に100アイテムを用意し、来春には数千人規模の展開を目指す。服に興味はないがおしゃれはしたい男性の需要を拓きたい考えだ。バンク(東京都渋谷区)代表の光本氏やECサイト「バイマ」を運営するエニグモ(東京都港区)等の出資を受けている。

服のサブスクは既に数社が参入しているが、同社のターゲットは既存サービスと大きく異なる。ターゲットは30代男性、とりわけ服選びが面倒と感じる人々だ。

藤原光汰社長は、「服を選んだり、買ったり、衣替えしたりといった面倒をすべて丸投げできるサービスを目指した」と話す。

藤原光汰 社長藤原光汰 社長

契約希望者はサイトで体格に関する8つの質問に回答すれば、3通りのコーディネートが提案される。気に入ったコーディネートがあれば、5アイテム程の服一式が月7800円から利用できる。価格はコーデ毎に異なり、「販売価格より多少安いかトントン」(藤原氏)程度の設定だ。四半期の季節ごとに購入か交換かを選べる。

骨格診断によっておすすめの服がわかる骨格診断によっておすすめの服がわかる

モノのサブスクにおいてボトルネックになりやすいのは、在庫数や、利用者とモノのマッチングだ。ローブスは服を選びたくない層にコーデを提案するという仕組みのため、マッチング率を高めやすく、また数多くの在庫を抱える必要がない。

提携先は、「ZOZOなどのECでもトップに出るようなブランドのみ」(藤原氏)。シーズン落ちの新品を取り扱うことで、大量廃棄が問題とされるアパレル在庫の課題解決にも挑む。

第476号(2019/11/25発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる