藤澤商会、タイヤ交換 スピード対応 30分単位の予約制が好評

検索

藤澤商会、タイヤ交換 スピード対応 30分単位の予約制が好評

2020年01月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

藤澤商会(埼玉県深谷市)が運営するフジサワタイヤ深谷店では、早い・安い・丁寧の三拍子が評判を呼び、他県からも人を集める。作業を30分単位の予約制とし、待ち時間・作業時間を短縮したことが好評だという。フジサワタイヤがまず注力しているのはスピード感だ。タイヤ交換を30分単位の予約制として、時間内に終わるように作業を行う。

「作業は役割分担して、スタッフごとに得意な仕事を割り振っている。30分を超えると雪だるま式にお客さまを待たせることになるので、忙しいときにこそテキパキ働いてくれる」(石塚貴士マネージャー)。

15C2.jpg▲石塚貴士マネージャー

また、近隣の大手競合店が対応しないネット予約を導入し、待ち時間を大幅に削減している。

同社は元々、中古タイヤ売買が専門。解体業者や新車に買い替えたタイミングのお客から中古タイヤを仕入れ、販売を行っている。13年からは新たにタイヤ取付サービスを開始。ノウハウゼロからの立ち上げだったが、「昔はどんなタイヤも売れたのが、最近は物も良く値段も安い、ECサイトの競合が増えており、実店舗を持っている強みを活かすため取付を始めた」(石塚氏)。現在も、ネットで購入したタイヤをフジサワタイヤに配送し、到着したタイミングで来店、取付を行う。

現在多い日で50組程度の来店があり、タイヤ取替の工賃で月1000万円程度、中古タイヤ販売で月300万円程度を売り上げる。同社は今後も取付対応・中古タイヤ販売・新品の海外タイヤ販売を軸に運営し、20年からはアフリカ・ギニアへ販路拡大を目指す予定とのこと。

15C1.jpg▲タイヤは「季節で入れ替え、飽きない配置にしている」(石塚氏)

 

▼関連記事はこちら
【一工夫レポート】中古タイヤのベアクロス
《繁盛店の店づくりVol.198》SEAL 表参道本店、廃タイヤから生まれた機能性高いバッグ
MAKE VALUE、中古車パーツで売上85%増

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第479号(2020/1/10発行)15面

Page top