博報堂、スポーツ用品等のサブスクサービス断念

検索

博報堂、スポーツ用品等のサブスクサービス断念

2020年02月02日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7a5e66ac3a54afcd770247c8cd0d98ef_s.jpg

博報堂DY子会社のロスレス(東京都港区)が参入を発表していた、サブスク型レンタルサービス「ペンギンストレージ」が事業化を断念したことが本紙取材で分かった。

ペンギンストレージは「部屋や収納にあるすべてのモノをクラウド化する」を合言葉に、日用品や旅行グッズ、スポーツ用品等が入った状態のトランクルームを月額で契約、自由に取り出せるサービス。昨年9月に構想が発表されていた。

ペンギンストレージは物品単位の課金ではなく、月500円でのサブスク型レンタル事業として注目を集めていた。今後、事業展開については未定としており、サイトは既に閉鎖されている。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第480号(2020/1/25発行)6面

Page top