【意識調査】4割がリサ店を行きやすさで選ぶ 女性は口コミ 年代あがると雰囲気重視

検索

【意識調査】4割がリサ店を行きやすさで選ぶ 女性は口コミ 年代あがると雰囲気重視

2020年02月04日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WEBでリサイクルジャンルの店を調べる際、利用者は何を重視して選ぶのか。口コミサイト「エキテン」を運営するデザインワン・ジャパン(東京都新宿区)が、調査を行った。エキテンは、店舗や施設の情報サイトで、口コミやランキングから目的別の情報を探せる。調査対象は全国の20代〜60代の男女1562人。

2020-01-31 (5).png

まず、情報サイトでリサイクルジャンルの店を選ぶ際に重視する点について聞くと、「立地・アクセス」が40.9%で1位、以降は「営業時間」(36%)、「料金」(31.4%)、「口コミの多さ・質」(22.4%)、「お店の雰囲気」(21%)と続いた。距離の近さや行きやすさでお店を選ぶ人が多いことがわかる。次に性別・年代別に分けて同様の質問をすると、50〜60代の女性の50%前後が「立地・アクセス」を重視し、男性の50〜60代でも40%以上と高かった。年代が高いほど行きやすさを重視する傾向が見える。

また「口コミの多さや質」を重視するのは女性の20代と、40〜60代が多く、3割ほどとなった。

「お店の雰囲気」を重視する人は女性が多く、20〜30代では20%前後だが、40〜60代では約25%と、年代があがるとさらに高い割合となった。行きやすい場所にあり、口コミの評価が高く、雰囲気が良い店が選ばれやすいことがわかった。

2020-01-31 (4).png

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第480号(2020/1/25発行)8面

Page top