カシコシュ、お客と従業員の安心に 次亜塩素酸水で対策も

検索

カシコシュ、お客と従業員の安心に 次亜塩素酸水で対策も

2020年05月05日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リユース店の飛沫感染対策

コンビニでは飛沫による新型コロナウイルスの感染対策として、レジカウンターをビニールで仕切るなど工夫を凝らしている。同じく営業を続けるリユース店や買取店でも同様の例が見られている。

長谷工グループ傘下で東京・青梅に大型総合リユース店を展開する『カシコシュ(東京都港区)』では、買取りと販売カウンターにホームセンターで購入したビニールカーテンを用いて仕切りを設けている。

東京・青梅の店舗にて東京・青梅の店舗にて

「お客様と従業員両方の安心につながると思います」(大武敏朗社長)

ほかにも、在庫としてあった加湿器に次亜塩素酸水を入れ、店内各所に設置し空間除菌などを行っている。3月の売上は2月より2割落とすなど影響が出ている。4月11日から2週間は臨時休業をとり、同日から3日間は全従業員に休みを取らせた。4日目からは店舗を開けずに、店内清掃や衣替えに伴う商品の入替作業などをしている。従業員の休暇中においては現状有給休暇を推奨しているが、「これを機に特別休暇の新制度を検討するなど、働き方について考えられる良い機会」(同社長)と話す。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第486号(2020/4/25発行)15面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top