大塚家具、中古家具販売を拡大

検索

大塚家具、中古家具販売を拡大

2016年06月10日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小型店除く全店で

大塚家具(東京都江東区)が、リユース家具の販売を拡大する。現在は3店舗のみで販売しているが、2017年末までには小型店を除く全店に売り場を設けると言う。リユース強化を急速に進めているようだ。

写真は有明ショールーム大塚家具が中古に本腰。写真は有明ショールーム

大塚家具は、横浜アウトレット、有明、新宿の3店舗で現在リユース家具を販売している。5月下旬ごろに、関西の拠点の大阪南港や郊外型の春日部でも取扱いをはじめ、2017年末には小型店を除く14店で販売するつもりだと言う。

同社は昨年10月に、リユースに本腰を入れるべく子会社リンテリアを立ち上げた。1月〜4月までの中古家具の受注は2000万円弱で、売り場に出せば即売れるという状態だ。

「反応は想定以上。ここまでリユース品が売れるとは思っていなかった」と、リンテリアの安部取締役は声を弾ませる。大塚家具はリユースを成長領域と捉えており、中古家具の売上げでまずは年商2億円を目指す考えだ。

リンテリア 取締役事業部長 安部健一氏リンテリア 取締役事業部長 安部健一氏

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

393号(2016/06/10発行) 1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top