チケット高額転売問題、チケットストリートの見解は?(全文掲載)

検索

チケット高額転売問題、チケットストリートの見解は?(全文掲載)

2016年09月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽業界団体やアーティストらがチケット高額転売反対の声明を発表したことに端を発し、議論が巻き起こっている。チケットの二次流通市場はどうなるのだろうか。プラットフォームを運営するチケットストリートに予測やそれに伴う対応などを聞いた。同社の回答全文を掲載する。

12P-4.jpg

Q高額転売反対の声明をどう受け止めた?

A 「価格吊り上げを目的とした少数による買い占め」や「ファン心理を利用した主催者による売り惜しみ」など、本来の価値に見合わない価値で取引される  高額転売の防止については、アーティストや主催者と協力していきたい。  しかしながら、正当な手段で手に入れたチケットを、価値に見合った価格でファンが転売する権利は、市場経済の中で消費者が持つ権利であり、  転売自体を禁止することや、転売価格をアーティストや主催者がコントロールすることは、独裁的・一方的で、法的にも許されない。  今回のメッセージは前者の「不当な高額転売」に対する反対メッセージと認識している。

Qチケット二次流通市場の今後は?

A 詐欺や偽造被害の防止など一定のルールを持った上で、ファンの拡大、市場拡大に寄与する形で拡大していく。

Qどう対応する?

A すでに詐欺・偽造被害の防止は徹底しており、全ての売り手は古物営業法に準じた本人確認を実施、警察とも連携して対応している。  スポーツ業界においては主催者・プレイガイドと提携した実績があり、ファン拡大に貢献している。音楽業界についても今後、協議を呼びかけていきたい。

【回答:チケットストリート 西山圭社長】

400号(2016/9/25発行)10面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる